国際ジャーナリスト 堤未果の最新講座を期間限定価格でお求めいただけるのは...

6月30日(水)まで・・・

まずはこちらをご覧ください...

北里大学教授が開発した

コロナワクチンより効く薬!?

〜しかし、強引に握りつぶしたWHOの闇

【国際機関のカラクリ<WHO編>】

1990年代から巨大製薬企業が強大な力を持つようになり、薬の世界を独占しはじめました。そして、WHOにも多大な影響を及ぼしています。


特に、今回のコロナ騒動についてもWHOと製薬企業との黒い噂が絶えません...一体何が真実で、何が嘘なのか。コロナワクチンは、本当に安全なのか。徹底解説します。

第1章

「WHOと新型コロナウイルス」

お金と人事で読み解く世界保健機関の裏側

「WHOの設立と天然痘撲滅」

〜人類の健康を願う国際機関が設立から73年でどう豹変したのか

「ビル・ゲイツと世界保健機関 」

 〜なぜ、トランプ大統領はWHOを脱退したのか

「パンデミック宣言とテドロス事務局長」

〜国連・政治・国際機関の闇...”歴史”と”人事”を見るべき理由

「豚インフルエンザとマーガレット・チャン」

〜日本のメディアが報道しなかったパンデミック基準改正の不都合な真実

「オバマ大統領と新型コロナワクチン」

〜なぜ、製薬会社は副作用の責任を問われないのか...賠償金を支払う日本政府

「テドロス事務局長と中国のインフラ投資の罠」

〜パンデミック宣言後も中国人を受け入れ続けたエチオピアの末路

「WHO傘下のSAGEと巨大製薬企業」

〜WHOのパンデミック宣言は、誰が決めているのか

「コロナワクチン緊急承認の裏側」

〜91%の予防効果があるイベルメクチンと製薬企業に忖度するWHO

「WHOを警戒する米国と信用する日本」

 〜国際機関の権威・マスコミ・イメージに騙されない方法

第2章

「徳島大学名誉教授:大橋眞先生」

新型コロナウイルスとPCR検査

「ノーベル化学賞を受賞したキャリー・マリス博士の告発」

 〜PCR検査が新型コロナに使用できない理由

「WHOと中国共産党」

〜新型コロナウイルスは、存在しない?

「厚生労働省と新型コロナ」

 〜PCR検査の最大の問題点とは...なぜ、マスコミは大騒ぎするのか

第3章

「特別対談:堤未果×大橋眞」

「特別対談:堤未果×大橋眞」

講師紹介

緻密な現場取材と膨大な資料をもとに

国際ジャーナリストとして活躍

国際ジャーナリスト

堤未果

学生時代にアメリカに留学し、その後国際連合婦人開発基金、アムネスティ・インターナショナルニューヨーク支局員を経て、米国野村證券に勤務。


2001年のアメリカ同時多発テロ事件の時は隣のビルの20階にあるオフィスに勤務。 事件を目撃したことで、自らの目で米国という国を見ようと志し、ジャーナリストとなる。 『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)シリーズが77万部を超えるベストセラーになった。米国が作った「経済的徴兵制」という仕組みと、戦争の民営化についての分析が多くのメディアで絶賛された。 


その後「政府は必ず嘘をつく」「政府はもう嘘をつけない」(角川新書)シリーズで、国際情勢の表と裏、金融、メディアの世界事情などを分析。日本と世界の核事情を描いた「核大国ニッポン」(小学館)米国の言論統制についての「アメリカから自由が消える」(扶桑社)など著書多数。 2016年の米国大統領選挙では、共和党のドナルド・トランプの当選を予測。


また、2018年に出版した『日本が売られる』は、20万部を超えるベストセラーに。 現在は、米国の政治、経済、医療、教育、報道、核問題、農政など、徹底した現場取材と公文書に基づいた執筆を続ける他、講演・テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など幅広く活動している。

特別講師の紹介

徳島大学名誉教授

大橋 眞氏

「コロナウイルスは、存在しない...」徳島大学名誉教授:大橋眞氏は、コロナ問題を根底から覆す主張しています。

医学博士/京都大学薬学部卒業/東京大学医科学研究所、宮崎医科大学(現宮崎大学)、米国ウイスター解剖生物学研究所を経て、徳島大学教授。

専門は感染症・免疫学。マラリア・住血吸虫症などの感染症をモデルとした免疫病理学

推薦の声

三橋貴明(経済評論家)

「堤未果さんは、”三橋貴明“の師匠の一人です。”三橋貴明“は、数字やデータをマクロ的に分析することにかけては専門家ですが、マクロだけを見ても社会全体の現実は分かりません。ミクロな事象、我々が生活し、働く現場で何が起きているのかを認識し、マクロ数値と結びつける必要があります。


その”三橋貴明“に欠けている部分を補ってくれたのが、堤未果さんの果敢なジャーナリズムであり、言論活動だったのです。堤未果さんが、「反・緊縮財政、反・グローバリズム、反・構造改革」を掲げる令和の政策ピボットに、呼びかけ人にとして名を連ね、さらにご自身の著作「日本が売られる」をテーマにデジタル講座を開設することになったことを、”三橋貴明“は大変喜び、かつ光栄に思っています。」

藤井聡(京都大学大学院工学研究科教授)

日本の政治に少しでも関心のある方、あるいは今日の閉塞感の正体は一体何なのかとの疑問を少しでもお持ちの方は、絶対、堤さんのお話を聞くべきです。 小泉~安倍に至る自民党政権が如何に「竹中」に象徴されるアメリカや資本家達に 従順に従って「売国」を重ねてきたか、それによって如何に激しく日本が壊れてきたの かがよく分かります。希望を見出すためにも是非一度、しっかりと絶望的現実をご認識ください。

真実の情報を届けるために・・・

このような形のない情報というものを売ると、少なからず「商売なのか」という声をいただくことがあります。答えはもちろん商売です。と言うよりも”あえて”ビジネスにしています。なぜか?理由は簡単です。どのような事も慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。いま社会を動かしているのは明らかに経済であり、つまり主体は商売、ビジネスです。


 「慈善活動では何も変わりません」


ビジネスにする事によって優秀な人材を集めることができ、さまざまな広告をして世の中に一気に広げることができると私たちは信じています。そしてそこで生まれた利益をより事業の拡大に投資できます。例えば講座を無料で提供することもできると思いますが、そのようなものは一過性であっと言う間に忘れ去られるでしょう。


実際このような活動を通して、堤さんのことが広く知られるようになりましたし、ビジネスにする事によって今後も支え持続的にこういった知識の啓蒙活動を続けることができます。それが私たちの信念です。

6月30日(水)までなら期間限定価格で・・・

国際ジャーナリスト堤未果氏が制作した:『国際機関のカラクリ<WHO編>』の講座を受けようと思えば、通常価格は12,800円です。


しかし、一人でも多くの人に、国際機関に関する真実を知ってほしい。そして、深い教養を身につけ、日本がより豊かになるような判断をしていってほしい。その思いから3,000円割引9,800円でご提供することにしました。(税込:10,780円)

 下手に新聞を購読するより、 分厚くて難しい専門書を何冊も読むより、圧倒的にオモシロく、ためになることは間違いありません…

100%の全額返金保証

この講座は販売するにあたって1ヶ月間の100%完全返金保証をつけることにしました。実際にいくらいい商品だと言っても、本当に値段にあったものなのかどうか、判断しようがないと思うのは当然です。そのため、お客様にとって最も良いのは、まず手にとって視聴していただくことだと考えました。そこで、1人でも多くの方に安心していただくため、「100%完全返金保証」をつけることにしました。


講座提供から1ヶ月間は、講座を全て見たあとであっても、思ったものと違うと感じたら、いつでもキャンセルすることができ、代金を全額お返しします。罪悪感のようなものを感じていただく必要はありません。つまり、あなたには、正しい知識を手に入れ、全く違ったものの捉え方ができるようになるか、もしくは100%全額を返金してもらうか、この2つのうちのどちらかしかありません。まったくのノーリスクです。


もちろん、返金にあたっては、あなたが困るような質問等をすることは一切ありませんし、返金の理由をいちいち聞くこともありません。購入後1ヶ月以内にメール、FAXなどお好きな方法で「解約します」とご連絡をいただければ、最短2~3営業日(つまり、土日、祝日以外)で返金させていただきます。

【経営科学出版カスタマーサポート連絡先】

1.メールでの連絡:support@keieikagakupub.com

2.FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)

1ヶ月間品質保証2分でキャンセル可

15年間で192.3万人が利用

91%が満足の顧客サポート 48時間以内に対応します

この講座を1ヶ月の間に視聴して、もし「期待と違ったな」と思われたなら、講座提供から1ヶ月以内であれば、どんな理由であろうと注文を取り消すことができます。

私たちのグループでは2021.4月現在、過去15年間で累計192万3302人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います。


私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。休業日除く48時間以内にはメールでの対応がほとんど完了しています。

なので安心して取引いただけると思います。

今、あなたの目の前には2つの道があります。

いま、あなたの目の前には二つの道があります。


 一つは、これまで通り、テレビや新聞の報道を頼りにして生きていくことです。


 ただ流れてくる情報を受動的に受け入れるだけなので、とても楽な道です。ただしその中には悪性のウイルスと言ってもいいような、ウソやデマが紛れています。しかもあまりに巧妙に仕込まれているので、あなたは気づかないうちにそのウイルスに感染し、世の中を見る目を失っていることでしょう。それらがウソだと気付いたときにはときすでに遅し、一度失った目はそう簡単には取り戻せません。嘘をつき始めてしまったためにさらに嘘を塗り重ねる、昨今のメディアの実態を見ればわかっていただけると思います。


 もう一つは、正しい知識を取り入れ、健全な思考を育むことです。


 世の中がいまよりも一層クリアに見えてくることでしょう。あなたの鋭い意見に周囲の人は一目置くかもしれません。そして意外に思われるかもしれませんが、疑問を解決するために自分で積極的に情報を取り入れることができる人は世の中にはそう多くはありません。ただ流れてくる情報を受け取るだけの人と積極的に学ぶあなたとの差はどんどん開いていくことでしょう。


 この講座を今日、受講するのもしないのもあなたの自由です。けれど、もし「WHOの嘘を見破り、あなたの家族や孫を守りたい」という思いに賛同してくださるのなら、今回、ご案内させていただいている、堤未果の「国際機関のカラクリ〜WHO編」をご覧になって、メディアで決して報じられないWHOの真実を知ってください。


ぜひ以下のボタンをクリックして講座を受講してください。

【6月30日(水)までの会員特別価格】

通常価格:12,800円(税抜)

特別価格:9,800円(税抜)

(税込:10,780円)

合計:約90分安心の1ヶ月返金保証会員限定価格は、6/30(水)まで